書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

990点を取るための具体的な対策がある。 難問ばかりで挑戦のしがいがあり、時間の節約になり、効率よく
2017:02:15:16:59:13 2017.02.15更新
中・高両方の数学ができることと、10日間というところにひかれた。 とてもわかりやすく、すごくうれしい
2017:02:15:16:45:55 2017.02.15更新






明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 教育
「できる!」ビジネスマンの雑学
教育



 世の中には、話したくてもなかなかおおっぴらには話せないテーマがあるものです。
 たとえば、その人だけがお気に入りの有名人やタレント話などがそれにあたります。また、エンマ大王や天国など、その存在を信じている人には大切でも、信じていない人にはまったく退屈な話という場合もそうですね。
 UFOやUMA、怪奇現象などの信憑性のあいまいなテーマになると、熱狂的に支持する人もいますが、一般的に語られることは少ないものです。

 あまり話題にされることがない理由はただひとつ。いずれのテーマも万人がもれなく関心があるわけではないからですね。

 ところが、私たちの誰もが毎日お世話になりながら、あまり触れることのない、もしくはわざわざ触れたくもないというテーマがあります。

 それは、トイレです。

 このトイレという微妙なお話を、2時間にわたって話していただける講演会が、東京都小平市にある「ふれあい下水道館」(※1)にて催されます。

ふれあい下水道館 第3回講話会 【 トイレ探訪のお話 】
「旅の道すがら出会ったトイレやし尿にまつわる歴史的なお話を、旅のエピソートを交えて紹介します。網走監獄のトイレ、長崎出島のトイレ、沖縄の豚便所、博物館に見るトイレなどをとりあげます。」

開催日:平成28年12月18日(日曜)
    午後1時30分~3時30分
費 用:無料
対 象:中学生以上
定 員:25人
講 師:森田 英樹 氏(日本下水文化研究会)
協 力:日本下水文化研究会
申込み:12月17日(土曜)までにふれあい下水道館へ(電話可・先着順)

2016120701.jpg
※小平市のマンホールカード(※2)

 講師の方の個人的なトイレ体験からトイレの歴史まで、(おそらく)ほとばしるような情熱で語っていただけることでしょう。

 定員はわずか25名です。12月7日から「ふれあい下水道館」にて、直接もしくは電話にて受け付けています(連絡先は公式サイトにあり)。

 この講演を聴けば、きっとあなたも「トイレット博士」になれるかも。

 なお、「ふれあい下水道館(Museum of the Sewerage)」もかなりディープな博物館のようです。館の説明にはこうあります。

「1990年度に下水道普及率が100%を達成したことを記念してつくられました。地下25メートルに埋められている下水道管の中に入り、実際に下水の色やにおいなどを体感できます。下水道の役割を知り、水環境について考えてもらう全国でも初めての施設です。」(「ふれあい下水道館」公式サイトより引用)

 下水の色やにおいを体感って・・・。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
※1=
「ふれあい下水道館」 公式サイト

※2=小平市のマンホールカード
「小平市のマンホールカードが残り500枚となりました」


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 誰にでも一度や二度、経験があると思います。

 「テスト前になると、勉強そっちのけで部屋を片付けたくなる」瞬間が。

◆テスト前なのについやってしまう、これって異常?はたまた・・・

 もしくはテスト直前なのに、何十巻もある長編マンガを一気読みしたり、おもしろくもないゲームやテレビに延々と付き合ってしまう、などなど。その後に来る深い自己嫌悪は、筆者にも学生時代の苦い記憶として残っています。

 テストの勉強を無意識に逃げている?そんなわけはない、という人も多いでしょう。だったらいっそのこと試験を受けなければ済む話、と言いたくもなりますね。ただし、そこまでの蛮勇を起こす人はまれです。多くの人がこうしたサボりをしながらも試験は受けるのは、なぜでしょうか。
 そこにはちゃんとした理由があったのです。

2016091401.jpg

 実はこれらの行動は、決して異常な行動ではないのです。テストや入社試験などの直面する試練から、理由を付けて回避して自分を守ろうとする「無自覚の本能」からくるものと言われています。

 もし全力で勉強したのに、テストの結果が予想以上に悪かったらどうなるでしょう。自分の能力が全否定されてしまいます(本当はそうではないのですが)。もしくは周囲から笑われるに違いないと落ち込んだり、ひどい自己嫌悪に陥るかもしれません。
 ところが、掃除やマンガで勉強する時間を取れなかったため、結果が悪かったのであれば話は違います。自分の実力は今回のテストでは都合により発揮できなかっただけですから、自分の能力はまだまだわからない。そう思うことで不勉強に目をつぶり、自らに救いを与えていたのです。

◆ヒトは理性だけでは行動していない。だからこそ起きてしまうトラブル

 試験前なのに勉強に手をつけられない。そのワケとは、自分が「本気さえ出せば、こんな成績では終わらない」と言い訳を用意して、自分を救う正当な行動だったのです。実力をフルに発揮する機会を次回に譲るとともに、正当な評価も先送りというわけです。

 参考書を買い込みすぎて試験準備がうまくできない学生、試合中のイージーミス連発で実力を出せない選手、締め切りを守れず失踪する漫画家、仕事のミスをウソで隠し続けるサラリーマンなど、程度の差はあれ、その多くは本能が前面に出てきて、自分を無意識に守ろうとした結果だったのです。

 人間は論理的に行動しているようで、その実、本能に支配されているものなのですね。

2016091402.jpg

 この行動は、心理学用語で「セルフ・ハンディキャッピング」と呼ばれ、「結果がだめな場合の言い訳を事前に用意する」自己防衛本能と言われています。

 試験の直前に弱気を口走るのも、同じ防衛本能からくるものです。

本番前に言い訳をしたくなる心理「セルフ・ハンディキャッピング」
 学生時代、テストの前に「私全然勉強していないから、ヤバい!」と言い出す子は、居ませんでしたか? 「私もだよ」と安心していたら、全然勉強していなかったはずの子の方が、良い点を取っていたりして? 本番前に「言い訳」を用意する方は多いもの。

 セルフ・ハンディキャッピングは、自我防衛機制の一つです。つまりは、自分のプライドを守るために、あらかじめ「言い訳」を用意しておくということ。失敗しても成功しても、自分にとってオトクな状況が生まれます。本番前以外にも、異性の前で「私モテないから......」と言ってみたり、難しいことを頼まれたときに「私バカなんです......」と言ったりするのも、まさにセルフ・ハンディキャッピング。
マイナビ・ウーマン 2013年12月2日)

2016091403.jpg

 さて、なぜこんな面倒な話を延々と書いたかというと、「試験勉強に手がつかない行動は、誰にも起きることで簡単には止められない」ということを伝えたかったからです。

◆本能の呪縛からのがれるには、どうすればいいか

 では、この問題はどうすれば解決できるのでしょうか。以下は一例ですが、次のように考え直すことで改善する場合があります。

 勉強したいはずなのに、勉強に手が付かず別のことをしてしまう。この行動原理は本能ですから、自分はサボっているとか自分はダメな人間だとか、自己嫌悪になる必要はもうありません。あなたが本心から起こした行動ではないのですから。
 こう考えるのが、第一のステップです。

 このことを理解した人は、自らの意志で「自己防衛本能を解除」できるようになります。勉強したい気持ちを抑制する本能のリミッターをオフにしてしまいましょう。
 これが第二のステップ。

 この二段階を経たあなたは、勉強に立ち向かう意欲を持つことができます。そうなってしまえば、あとはわかりますね。脇目もふらず猛然と勉強できるようになりますよ。
 これが第三のステップ。

2016091404.jpg

 最後のステップは、自信を持って試験に臨むだけです。

 次回の試験勉強で、ぜひ試してみてください。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 8月31日は、8月の最終日。北海道や東北地方を除き、ほとんどの小学校は、この日が夏休みの最終日となっています。

 もう夏休みの宿題はできあがったのでしょうか。休みと言いながら宿題を課す学校もひどい話ですが、休み明けに生徒たちが空っぽの頭で登校してくるよりはいいのかもしれません。

 この夏休みの宿題の中でも、最大の難問が「自由研究」ですね。植物の成育観察や昆虫の標本作りなどは理想的なテーマですが、何週間もかかるような大事業ですから、いまからではとても無理です。

 とはいえ、何も出さないということでは先生は許してはくれそうもありません。そんな進退きわまった子供たちに、格好の自由研究テーマがありました。

 マンホールです、マンホールのフタです。

ダムカードに続け! マンホールカードが静かなブーム
「刷っても刷ってもすぐなくなる」と市町村にうれしい悲鳴が...
 観光名所や特産品、ゆるキャラや動植物まで多彩なデザインにあふれたマンホールの図柄を描いた「マンホールカード」が、静かなブームとなっている。国や業界などで作る団体が今年度から無料配布を始めたところ、わずか1カ月で増刷となる人気を博している。実はこのカード、ファンやコレクターの収集欲を刺激するノウハウが随所に盛り込まれているほか、社会現象にもなっているアノ人気ゲームとの相乗効果も期待できるという。日本全国のダムをカード化した「ダムカード」に続く人気のカードになる可能性も秘めている。
産経ニュース・【経済インサイド】 2016年8月26日掲出)

 記事を読む限りでは、マンホールカードは収集が難しそうです。しかし、マンホールのフタだけなら、道路を歩けばいくらでもあります。

2016083100.jpg
1.武蔵野市 消火栓

2016083101.jpg
2. 西東京市
(旧田無市時代の市章が残っています)

2016083102.jpg
3.小金井市 こがねいさくら

2016083103.jpg
4.おまけ 上水桜通りプレート

 自由研究としてお勧めしたいのは、このデザインされたマンホールの写真を集めることです。自転車や、バス・電車などで少し移動するだけで、いくつものマンホールを撮影できます。
 コツは市町村の境界線に近い街に行くことでしょう。ちょっと歩くだけで、幾種類ものデザインを撮影できるはずです。
 また、マンホールがポケモンGOの重要ポイントになっているとのこと。ポケモンやアイテムを集めながら、自由研究の勉強もできるわけですから、まさに一石二鳥です。

 集めたマンホールの写真には、デザインの由来と市町村の下水道への取り組みを書き加えると、立派な自由研究として完成します。

 最後にひと言。
 くれぐれもネットだけでマンホール画像を集めないでくださいね。(水)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 東京・早稲田大学會津八一(あいづやいち)記念博物館で、ダダイズムが始まって百周年を記念した展示が開催されています。

2016年度ダダ百周年記念特集展示概要:
「チューリッヒ・ダダ100周年とダダイスト・ツァラの軌跡」
現代アートの起源となった1916年のチューリッヒ・ダダ誕生100周年を記念し、ダダの創始者ツァラの軌跡をルーマニア、スイス、パリへとたどる展覧会で、機関誌DADAの初版オリジナル全号、ツァラとピカソの詩画集、各国のダダ展図録などを展示します(同期間の「ル・コルビュジエと吉阪隆正」展と合同開催)。

会場:早稲田大学會津八一記念博物館(新宿区西早稲田1-6-1)2階常設展示室
展示日程:6月29日(水)~8月7日(日)〔最終日以外日曜休館〕
共催:早稲田大学図書館 後援:スイス大使館
(FaceBookより引用)

 ダダイズムには、当時売り出し中の若きピカソも参加していて、貴重なピカソの版画もこの企画展で展示しています。この芸術運動はその後、シュルレアリスムを生み出す源となりました。

 また、テレビ番組「ウルトラマン」では、ウルトラ怪獣として三面怪人「ダダ」が登場しますが、名前はこのダダイズムに由来するそうです。

20160720.jpg
※人を捕まえるダダ、縮小光線を放つの図!

 いまなお、さまざまなコンテンツに影響を与えるダダ。タダ者ではないようです。(水)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 突然ですが、夏と言えば、妖怪ですね。

 この夏、町田市では「妖怪がいた!」という長期イベントが、7月16日から9月19日まで開かれます。

 今年の町田市は、夏の間じゅう、妖怪だらけになります。

子供たちに、コアな妖怪ファンに、数かずのイベントが用意されています。(申込制で定員に達したイベントはこれからの参加はできません)

2016071501.jpg

開館10周年記念「妖怪がいた!ーここにも、そこにも、町田にもー」展
 誰もいないはずの場所から音が聞こえる。森の中で見たこともない生きものを見た。そんな不思議な出来事に出会ったとき、あなたならどうしますか?人智を超えた恐怖を前に自分たちが住む世界とはちがう異界の存在を信じ「妖怪がいた!」と表現する人がいました。

 本展では、妖怪が大流行した江戸時代の絵巻から現代の絵本まで、妖怪たちの物語や町田の妖怪伝承をご紹介します。自由な想像力にあふれた妖怪たちの姿は、目の前に広がる自分たちの世界の"その先をみる"ことの楽しさを教えてくれます。天狗や河童、ろくろ首、座敷童子・・・・・・、妖怪はあなたの身近にもいるかもしれません。
 この夏は妖怪たちがあつまる町田市民文学館で、目を凝らし、耳を澄ませ、妖怪たちの物語を楽しんでみてください。そして、あなたの妖怪の物語をみつけてください。
(「妖怪がいた!」パンフレットより引用)


 7月16日はオープニングイベントとして、人形芝居が上演されます。人形が、舞い、化けるそうですので、とっても楽しみです。

 オープニングイベント
「舞う!化ける!人形芝居『猫姫くぐつ舞』ねこひめだにゃー」
7月16日(土) 10:00~11:00
出演:人形師・飯田美千香、文芸評論家・東雅夫

(※オープニングイベントは定員に達しました)

 そのほかにも、毎週のように小学生向けのワークショップが開かれています。夏休みのおはなし会、大人向け講演会などもあり、盛りだくさん。(※ワークショップは定員に達しました)

会期中の展示やいつでも参加できるイベントは、次の通り。
●展示資料 妖怪画の原画、妖怪絵本など
●妖怪あつめ

●キッズパスポート
●夏の文学館スタンプラリー2016

2016071502.jpg
圧倒的な存在感の宿神さま・(c)石黒亜矢子「宿神」2002年

詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

「町田市民文学館 ことばらんど」

●会期:2016年7月16日(土曜日)から9月19日(月曜日)まで
●観覧時間:午前10時から午後5時まで
●休館日:毎週月曜日(ただし、7/18と9/19は開館)、8/12(金曜日)、9/8(木曜日)
●会場:町田市民文学館2階展示室
●入場料:無料
●特別協力:東雅夫(文芸評論家、『幽』編集顧問)
●協力:岩崎書店、大屋書房、国学院大学図書館、深川江戸資料館、立教大学図書館

 なお蛇足ですが、文芸評論家の東雅夫くんは、筆者の大学時代の同級生です。物の怪、妖怪を追い続けて半世紀、彼の話は人一倍怖いのでご注意ください。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 IT教育で日本の最先端を走っていたはずの佐賀県で、見過ごすことのできない重大なハッカー事件が発生しました。

 情報システムに不正に侵入する行為は違法ですが、すべてを犯人のせいにするだけでは、この事件の本質は見えません。また、侵入された原因が解明されなければ、事件の再発を防ぐこともできません。

 この事件で何が起きていたのか、何が見過ごされたのか。これまで公表された報道から振り返ってみます。

【事件の概要】
・佐賀市に在住する17歳無職少年のハッキングにより、教育情報システムから県立高校など9校1万人分の生徒の成績や父兄の個人情報など、およそ21万件のデータが盗まれました。
・このデータは共有サイトに投稿され、仲間の間で自由に閲覧できる状態になっていました。
・主犯の少年は、侵入の手口を教えた仲間の男子生徒(16)と共に、2015年4月頃から1年以上にわたり、教育情報システムに不正侵入をくり返していました。

【事件の流れ】
・2013年4月、佐賀県で「教育情報システム(SEI-Net)」の運用が始まる。
 佐賀県内の県立中学・高校や一部の公立小中学校の計約210校の生徒の成績や出欠情報等を一括管理する。
・2015年4月、少年らが教育情報システムへ不正アクセスを始める。
・2016年1月16~18日、少年が自宅パソコンから侵入。同年1月20日には県立高校付近から無線LANを経由して侵入。
・2016年2月15日、警視庁の情報提供で佐賀県教育委員会は不正アクセスを認識。無線LANサーバー、機器のパスワードを4月中旬までに変更する。
・2016年5月11~13日、パスワードを変更したにもかかわらず侵入。
・2016年6月6日、警視庁と佐賀県警はB-CASカードを使わずにTV有料放送をタダで視聴できるプログラムを公開したとして佐賀市の当該少年を逮捕。
・警視庁から管理者用パスワードがネット内にあることを指摘(日時不明)。県教委は6月20日までに改善。
・同年6月27日、少年のPCから「教育情報システム」の個人情報が大量に見つかる。
・同年6月29日、少年(17)は仲間の男子生徒(16)と共に、2015年4月から不正アクセスをくり返していたことが判明。

概要まとめ参考記事
(佐賀新聞 「21万件を不正入手 佐賀の少年再逮捕 =佐賀県教育情報システム不正接続事件=」 2016年6月28日掲出)
(佐賀新聞 「県教育情報システム、昨春から不正侵入か 流出発覚後もアクセス」 2016年6月29日掲出)

20160629.jpg

 筆者が【事件の流れ】で注目するのは、警視庁から佐賀県教育委員会に対して二度にわたって、システムがハッキングされたと通告があったことです。警視庁には公的システムへの不正侵入を監視する機関(警視庁サイバー犯罪対策課など)がありますから、通告があったことは幸いでした。しかし、県教育委員会はこのチャンスを活かすことができませんでした。というより、警告に対応できるセキュリティ技術がなかったことがうかがえます。
 ところで、運営主体の県教委はなぜ、先に不正アクセスに気付かなかったのでしょうか。おそらくは不正侵入に対する基本的なチェック機能を持っていなかったことが考えられます。その理由は以下の通りです。

(1.)開発元の教育システムにはセキュリティ監視センターがあった
 佐賀県が独自に開発したシステムとのことですが、実は凸版印刷が主体となって開発した教育支援システムでした。
凸版印刷、佐賀県に提供したICT教育支援システムを全国に向け販売開始

 このシステムでは「セキュリティ監視センターで24時間365日安全性をチェックすることにより、信頼性を向上」 と明記しています。
 もし監視センターが機能していれば、2015年4月の最初の侵入を検知して、すみやかに対応していたはずです。なぜ監視機能が働かなかったのか、もしくはなかったのか、今後の検証が待たれます。

(2.)システムの監視体制の不在
 定期的にシステムの安全性をチェックする体制がなく、運用開始の2013年から3年間にわたり、ノーチェックで運用されていました(報道より)。そのため運用後に見つかるセキュリティホールへの対策は何ひとつ取られませんでした。そのことが、次の(3.)への重大な問題へとつながります。

(3.)管理者権限パスワードは生徒が閲覧できる場所にあった
 「県教委は警視庁から管理者用パスワードが入ったファイルが、生徒や教職員でも閲覧できる情報としてネットワーク内に置かれている状況に関して対応すべきとの助言を受け、6月20日までに改善した。」(佐賀新聞 「県教育情報システム、昨春から不正侵入か 流出発覚後もアクセス」 2016年6月29日掲出)

 この管理者権限パスワードですが、学校ごとにネットワーク上のさまざまな場所に保存されていたそうです。つまり厳重にカギをかけた扉の前に、その鍵を置いていたことになります。
 生徒権限でアクセスしても、管理者のパスワードを入手することは、いとも簡単だったことは言うまでもありません。ファイルを開いてそこにあるパスワードを入力するだけですから。
 管理者権限パスワードをネット上に置くという致命的な不手際がなぜ、3年間も放置されたのか。そもそもパスワード保管の責任者はいたのか。こうしたセキュリティへの基本的姿勢がないがしろになっていたのかもしれません。

 逮捕された17歳の少年は佐賀市在住ですから、2013年当時、始まったばかりの教育情報システムに生徒として接続していた可能性があります。おそらくこのときにこのシステムに強い関心をいだいたと思われます。
 卒業後も、元同級生や下級生などから、生徒のIDやパスワードを聞き出したり、盗むことは可能だったはずです。最初の足がかりは、こうした「正規の入り口」から始まったのかもしれません。

 クラウドシステムの管理には、高度な知識が必要
 すべての情報をサーバーに置くクラウドシステムは、その手軽さや情報を一元管理できる安全性から、今では主流となりつつあります。
 ところが、クラウドシステムを採用しているFaceBookやiCloud などで、個人情報やプライベートな写真が流出する事件がたびたび発生しています。使いやすさだけを求めるとセキュリティは低くなり、パスワードひとつで全データを盗まれるなど被害は増大しています。
 また、無線LANはケーブルを敷設する手間はありませんが、電波さえ受信できれば、学校外からもアクセスできます。今回のケースでは、有線LANのみの運営、もしくはインターネット接続を生徒用システムに限定していれば、教師用システムにあった成績や父兄の個人情報の流出は防ぐことができたはずです。そもそも学校外からインターネット接続を使ってシステムとつながる必然性は、どの程度あったのでしょうか。
 便利なクラウドシステム、接続に垣根のない無線LAN、そして誰もがアクセスできるインターネット接続。この3つを天秤にかけて、セキュリティのためにいずれかを犠牲にするべきでした。
 佐賀県教育委員会にはそれを判断するに足る能力が必要でした。

 筆者が心配するのは、セキュリティを軽視して進化する教育システムへの盲信が始まることです。このままでは生徒の学校生活がどうであれ、記録された成績しだいで希望の高校や大学へ進学できるようになります。今後起こりうる可能性としては、生徒の成績や内申書を有料で改ざんする違法サービスの出現でしょう。

 便利さを追い求めたはずの佐賀県の教育情報システム。今回の事件から導き出される教訓に、運営者が謙虚に耳を傾け、システムの改善へとつながることを願ってやみません。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 常識にとらわれてはいけない。これはビジネスでも生活する上でも、心がけておきたい教訓です。ところが子供の頃に真面目に勉学に励んだ人ほど、今の時代の新・常識にはついていけないようです。特に昭和に義務教育を受けた人は・・・。

「士農工商」という身分制度は存在しなかった?
教科書から消えたと話題に
「士農工商」という言葉が教科書から削除されているとネット上で話題となっている。
IRORIO・イロリオ 2016年5月2日)

 筆者も江戸時代は四つの階級があり、などと習った記憶があります。最近の歴史研究では、その階級制度そのものが確固たる規範ではなかったことが明らかになっています。

 坂本龍馬の実家は商家でお金を払って武士の階級を手に入れたようです。また、農民出身ともいわれる高山彦九郎は思想家として有名で、同時代の武士階級からも尊敬を集めています(『彦九郎山河』著:吉村昭)。江戸時代に今で言う行政改革や地方創世を実践した川崎平右衛門に至っては農民階級の出身ですが、最後は江戸幕府の勘定奉行(地位は旗本)にまで上り詰めています。

20160516.jpg

 こうした実例があっても、今までは「例外中の例外」とか「身分にかかわらず特別に」などの但し書きがついていました。

 ところがこうした抜擢は、江戸時代において例外でも特別でもなかったようなのです。江戸時代の階級社会は、役に立つ人はその階級を飛び越えさせるだけのダイナミズムを内包していたのではないでしょうか。

 最新の歴史教科書は、かつての常識を打ち破る歴史解釈が次々と採用されています。

 たとえば江戸時代の鎖国はオランダや中国と貿易していた実績から、括弧付きで「鎖国」となっています。旧一万円札の「聖徳太子像」は聖徳太子ではなく、またその存在にも疑問符がつけられています。悲しいことに「いい国作ろう、1192年」で覚えたはずの鎌倉幕府の成立年度は、今では間違いとまでいわれています。

東京書籍
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-es-shakai.htm#q6

帝国書院 社会科Q & A ? 歴史
http://www.teikokushoin.co.jp/q_and_a/history/#q1

 義務教育で覚えたはずの知識が誤りであった。そう指摘されるとショックですが、もう一度私たちは、勉強をやり直す必要がありそうですね。(水)



 昨年末のニュースですが、小学生のスマホ利用について警告した新聞記事がありました。

小6の7割がスマホ利用 LINEのやりとりはまるで高校生
「指導せねば1人で歌舞伎町に行かせるのと同じ...」
 国内の世帯保有率が6割を超え、急速に普及したスマートフォン(スマホ)。東京都の調査では小6の4人に1人が自分用の端末を持ち、親ら家族の端末も含めると普段スマホを使用している小6は実に7割に上る。いつから持たせれば良いのか、トラブル回避にはどうすべきか、親の心配はつきない。中高生だけでなく小学生にも適切な使用方法の指導が急務となっている。
産経新聞 2015年12月1日掲出

2016032401.jpg

 この記事を読んで筆者が感じたことは、小学生にはツィッターが危険を呼び込む入り口になることを、家庭や教育の場で教え込む必要があることです。また女子高校生が平日にスマホを使う時間は7時間を超えていることにも驚きました。SNSを使ったメッセージ交換に時間を費やしているのでしょうが、ひとりで物事を考える時間がほとんどないことになります。
 成長期から思春期にこうした状態を過ごして成人するとしたら、どんなコミュニケーション能力を身につけることになるのでしょうか。

 スマホはその小さなボディにもかかわらず、他のITツール、たとえばパソコンやテレビなどと比べても遜色ない情報収集能力を備えています。手のひらにパソコンやテレビ、音楽プレーヤー、高性能カメラを同時に持っていることになります。

 数年前には数十万円はかかったはずのITツールが、月に数千円の使用料で手のひらに現れたのですから、誰しも使いたくなるのは当然です。

 ただ、スマホにはひとつ難点があります。この一点がために筆者は、スマホを通話とショートメッセージにたまに使う程度で、ITツールとして使うことはほとんどありません。

 筆者がスマホを積極的に使わない理由。それは、スマホはただの情報ビュワーにすぎないという点です。コンテンツを制作する能力を備えないスマホは、何時間触れていても、コンテンツを生み出すことはありません。
 コンテンツクリエーターは、情報を見ることでなく、湧き起こるイメージを文字や画像、映像などの形にすることで生きています。

 制作する楽しみのないツールほどつまらない道具はありません。それがスマホです。

 筆者のこの意見は偏った見方と、賛成できない方も多いことでしょう。最近、新作が発表された映画「スター・ウォーズ」。その監督であるJ.J.エイブラムス氏はこう嘆いています。

J.J.エイブラムス監督 『フォースの覚醒』をスマホで観るのは「ホントにやめて!」
 4月1日、『スターウォーズ / フォースの覚醒』のデジタル版が本国アメリカではリリースされる事が公式に決定している。
デジタル版をダウンロードすれば、PCはもちろんタブレットやスマートフォンの画面上でいつでもどこでもフォースの覚醒を楽しめるようになるわけだが、J.J.エイブラムス監督はスマホ上での視聴を快く思っていないようだ。テキサスで開催中のポップカルチャーとテクノロジーの祭典『SXSW』の講演でこう語った。
「映画を作ってる人はみんなこう言います。"頼むから僕の映画をソレ(スマホ)で観ないでくれ"ってね。自分の作品をあんな小さな画面で観られてしまうなんて、ストーリーテラーにとっては悪夢ですよ。」
 いつでも好きなときに好きな作品を鑑賞できるのは嬉しい事だが、スマホの小さい画面ではその真の魅力は伝わらないだろう。とりわけ初めて観る作品については、やっぱりちゃんとした環境で観るのが一番だ。
ORIVER 2016年3月20日掲出

 なんでもスマホ、そろそろ止めにしませんか。

 筆者はとりあえず、ツイッターは庭に来る野鳥とだけやり合ってます。(水)



 世の中はネット社会。いまの子供たちにとって、ネットの中で遊ぶのは当たり前。アプリのダウンロードと同様に、ためらいもなくウイルスを手に入れ、転売してしまいます。

身代金型ウイルス 14歳少女に販売か 中2再逮捕
 札幌市の中学二年の少年(14)がインターネットバンキングの不正送金に使われるウイルス「ゼウス」を保管したとして逮捕された事件で、この少年が身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を名古屋市の中学二年の少女(14)に販売した上で、少女のパソコンに遠隔操作ウイルスを感染させた疑いのあることが、警視庁への取材で分かった。
 サイバー犯罪対策課は二十四日、不正指令電磁的記録提供と供用の容疑で少年を再逮捕した。
 再逮捕容疑では、少年は七~八月、無料通信アプリ「LINE」にウイルスを販売すると書き込み、これに応じた少女にランサムウエアを三千円で販売してダウンロードさせ、さらに少女のパソコンに遠隔操作ウイルスを感染させたとされる。同課によると、「遠隔操作ウイルスを試したかった」と容疑を認めている。
(中略)
 少年は闇サイトでウイルスを入手していたとみられ、「小学校高学年から興味を持ち、独学で勉強した」と供述している。
東京新聞・社会 2015年11月24日)

 14歳の天才ハッカー登場かと思われましたが、そうではなさそうです。

 筆者が類推するに、この少年にできたことは、ウイルスのアップロード、ネットでのお金のやりとり、遠隔操作などの単純な操作。これだけです。音楽やアニメを違法アップロードする輩(やから)とさほど変わりません。

 この程度の知識なら、ネットを巡回すればいくらでも手に入ります。感染覚悟で闇サイトに行けば、ウイルスとその使い方は容易に入手できます。書いてある通りに操作するだけなので、小学生でもできるでしょう。
 類似の犯行は、今後も年齢に関係なく起きる可能性があります。来年には、ハッカーを捕まえてみたら小学生だった、という事態も覚悟しておいた方がいいでしょう。

 いまの大人たちは、実社会の試練を受けた後で、ネット社会を迎えました。リアルな社会にもまれた経験から、バーチャル社会でもリアルのルールを当てはめて、うまくいっているようです。

 ところが、今の子供たちはものごころがつくと同時に、いやおうなしにネット社会にデビューさせられています。子守りの相手として、または早期教育やIT教育の名目で。

 そうした子供がネット犯罪を犯すと、大人たちはこう言います。

「そんな行為は、当然ルール違反だ」
「モラルがないのか」
「善悪の判断がつきそうなものだが」

 バーチャル社会だけで育った子供たちに、リアル社会のルールも、モラルも、善悪も身についているはずがありません。

15120401.jpg

 今回の事件が教えてくれたこと。それは小中学校の義務教育の場で、ネット社会でどうふるまうのか、ネットモラルをどうやって培うのか、危険なことは何か、を時間をかけて教える必要があることでしょう。

 いまの学校教育に、果たしてその人材や教材が備わっているのか。なければ、いずれ私たちは、子供たちから途方もないしっぺ返しを受けるでしょう。(水)



 転職や就職活動の前にひとつでも資格を取っておきたい。こう考える人も多いようです。ではどんな資格がいいのでしょうか。

これからの時代の「稼げる資格」とは?
私が資格の取得を目指す動機は以下の3つを考えるようにしています。
それは、「賢くなれる」「仕事に役立つ」「需要性がある」です。
もしも、「あなたが資格取得で稼ぐ」を重要と考えるのであれば、活躍できるニーズがあるのかを事前に調べていくといいでしょう。どんな資格にも需要のニーズ"人気の賞味期限"があります。どんなに難関資格であっても資格取得者が
増え過ぎてしまうと労働市場は受け入れをすることができず、就職浪人を生んでしまうのです。

狙うなら将来期待できる分野にチャレンジです!

■将来性のある資格を狙おう!
稼げる資格を求めるのであれば、世の中に"必要"とされている資格=賞味期限はどうであるのかを知ることです。

「世のため人のため」の資格と考えれば、医師や弁護士を思い浮かべますが、ここでいう"必要"は、就職できるマーケットとしてのニーズがどのくらい見込めるかです。
これから資格取得を目指す人は、世の中でどれくらい必要とされているのか......という視点に切り替えて下さい。

All About 2015年11月13日(FP村井)

151116.jpg
■小学生の時、自転車の運転免許を取得したが・・・ニセ物だった!

 ある美術大学の教授は、就職活動を始める美大生たちにこう言ったそうです。
「就職するなら競争の少ない職業にしなさい」

 たったこれだけだったそうです。資格の話は一切なし。

 この教授の言葉にも一理ありますね。

 確かに、人気の企業を志望すれば、競争は激烈。二次、三次と試験や面接を何度も受けなければなりません。もちろんこうして勝ち取った職業であれば、お給料も良かったり、エリートと呼ばれたり、イケメンや美女をはべらせて(古いか)、おいしいものを食べられたりするでしょう(妄想か)。
 しかし、就職したあとも大変そうです。出世競争でふり落とされないように、勉強や気苦労も人一倍のしかかってきます。責任も重そうですね。

 ならばいっそのことあまり見向きもされず、ぱっとしないけれど、ながく気楽に勤められる仕事の方がいいよね、という教授の親心がうかがわれます。

 いま就活中の方、これから就活を始める皆さんは、どう思われますか。(水)



 岡山県のとある小学校で、大学の協力のもと、漢字を効率よく習得するために「ビッグデータ」が活用されているそうです。
 「ビッグデータ」といえば、コンビニなどの売れ筋商品が即座にわかると、流通業界では評価され始めています。
 教育現場で「ビッグデータ」がどのような働きをしているのでしょうか。そして、その効用とは。

子どもの勉強方法が変わる
「教育ビッグデータ」を取材しました。
岡山・赤磐市にある小学校では、6年生のクラスが、一風変わった漢字ドリルに取り組んでいた。
その答案用紙には、なぜかQRコードがついていた。
そして、テストが終わると、答案用紙をスキャナーに通し始めた。
このスキャンされたデータが届けられるのが、岡山大学・寺澤孝文教授の研究室。
テストの答案用紙の中には、正解したかどうかをチェックする欄、さらに、その漢字がどのくらい身についたのかチェックする欄もあり、生徒が自己評価する。
生徒がチェックした情報は、数字の羅列に変換される。
これが、ビッグデータ。
岡山大学大学院の寺澤教授は「1枚1枚のページごとに、全部、データとして数字に全部変換されている」と話した。
FNNニュース 2015年10月13日掲出)

 ビッグデータがもたらしたのは、生徒ひとりひとりに自分の勉強の成果を、グラフにして見せてくれたこと。子供たちに、次もがんばろうと思わせる効果があるそうです。
 それだけではありません。漢字を一夜漬けで覚えたのか、本当に身についたのかをあぶり出す仕掛けも。一夜漬けで試験をくぐり抜けてきた人には、耳に痛い話のようです。

 この岡山の実例は、答案用紙とQRコードという組み合わせですが、教育界ではスマホやタブレットを使った試みも始まっています。

15101601.jpg

教育ビッグデータとは
スマートフォンやタブレット経由で収集した生徒の学習履歴データ。学校や通信教育会社、学習塾は学習履歴データを分析し、教材開発や生徒1人ひとりに合った指導に生かそうとしている。

 製品にセンサーを埋め込み、ネット経由で稼働データを収集し、運用・保守に生かす「IoT(モノのインターネット)」が製造業で関心を集めるなど、ビッグデータの利活用に取り組む業界が広がっています。

 こうした波が教育業界にも及んでいます。スマートフォンやタブレット経由で収集した生徒の学習頻度や成績、課題の進捗度合いといったデータを分析し、生徒1人ひとりに対して最適な指導をしたり、教材を開発したりします。科学的なアプローチで教育サービスの質を高める手法として、注目を集めています。
ITPro・山端 宏実 2015年3月13日 )

 タブレットをいち早く県立高校に導入した佐賀県では、現場での運用に苦労が絶えないとも聞きます。

佐賀県におけるWindowsタブレットの活用は失敗か? 成功か?
週刊アスキー 文・山口健太 2014年6月25日)

 タブレットそのものが教育機器としての基本性能が足りないのか、それとも教育用アプリケーションの完成度の問題なのか。いまはまだ、検証と実験が必要でしょう。

 そういう意味では、岡山大学の寺澤教授が始めたQRコードを使った答案用紙は、勉強の成果に重点を置いたことで、一定の評価を得ています。ITツールにこだわらず、教える技術をアプリケーション化することも、ひとつの解決方法なのかもしれません。

 一方で、いまの子供達がスマホやタブレットを使わずに生きていくことはあり得ません。これらのIT機器が教育ツールとして完成することも必要とされているようです。(水)



 今日、9月1日は「防災の日」です。全国各地の学校や公共施設、企業でも何らかの防災訓練が行われていることと思います。

 筆者はある航空会社の訓練部門に勤めた経験があるので、防災や訓練と聞くと、ついつい反応してしまいます。

 今日はその職場で身につけた習慣をご披露します。

 それは「指さし確認」です。通学や通勤に鉄道機関を使っている方は、駅員さんが指さし確認している姿を日頃から見ていることと思います。
 この指さし確認ですが、なぜ義務教育で教えないのでしょうか。災害の多い日本でこそ、しっかりと覚えた方が良いと思います。

【指さし確認の手順】
1.確認する対象物(信号、スイッチ、レバーなど)の近くで正対します。遠くにある場合でも、確実に目で確認できる位置に立ちます。
2.対象物を人差し指で指し示します。
3.目で対象物の状態(青点灯、閉状態、開放など)を見ます。
4.一呼吸置いて、見えた状態を声に出して、確認します。
  自分にも周囲にいる人にも聞こえるようにはっきりと言います。
5.発声と同時に指を1度、2度と前後に振ります。
  (例:信号あお、スイッチ閉、レバー開放、など)
6.対象物の状態を責任者に報告する、または記録を残します。

150901.jpg

【なぜ指さし確認が必要か】
 スイッチやレバーの状態を、目だけで確認することは、実はとても危険なことです。

 毎日同じものを確認していると、今日も「青だろう、レバーはいつも同じ状態だろう」と思いこんでしまうのが人間です。
 見ているようで見ていない状態になってしまうのです。現実の信号が赤であろうと、レバーやスイッチが異常であろうと、昨日と同じ「安全な状態」にしか見えなくなるのです。

 ローマ帝国時代に生きたカエサル(ジュリアス・シーザー)も、二千年前に言っています。

 「人は自分の見たいものしか見ない」

 何も起きていない日常だからこそ生まれる、馴れや思い込みを、この指さし確認でぬぐい去りましょう。

 最後に、ヒューマンエラーが引き起こした有名な航空事故をご紹介します。たった一個のランプ故障から、百人以上の犠牲者を出す墜落に至った、ありえない事故でした。(水)

「イースタン航空401便墜落事故」
概要
イースタン航空のロッキード L-1011 トライスターが、乗員の不適切な行動によりマイアミ国際空港付近にあるエバーグレーズ国立公園の湿地帯に墜落、全176名(乗客163名、乗員13名)中103名が死亡。史上初のワイドボディ機の全損事故であり、ヒューマンエラーによる事故の代表例として有名。着陸に備え車輪を出すが前輪が出たのを示すランプが点灯せず、自動操縦で空港付近を旋回。ランプ/前輪の問題に対応する間、意図せず機長が操縦桿に触れたため自動操縦が解除。高度低下に気づかないまま沼地に墜落した。
(引用元:「イースタン航空401便墜落事故」2015年7月7日 ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 https://ja.wikipedia.org/wiki/ より)



 東京都小金井市にある「はけの森美術館」では、日本を代表する洋画家・中村研一の作品のなかから、夏をテーマに「けんぼしゃんの夏休み」と題した展示を行っています。期間は9月13日(日曜)まで。

 この「はけの森美術館」、中村研一氏の自宅兼アトリエを引き継いで、2006年に開設されました。広い敷地は湧水が湧き出す涼しげな武蔵野の森となっています。数々の名画を鑑賞したあとは、小説『武蔵野夫人』(大岡昇平著)の舞台ともいわれる庭園を散策するもよし、美術館裏のカフェで一服するもよし。

 期間中は、所蔵作品のスケッチ会や小学生向けの創作プログラム、読み聞かせ会など、子供向けの企画が盛りだくさん。タダでもらえる鑑賞ワークシートを書き込めば、自由課題になるかも。しかも、小中学生の観覧は無料です(一般は200円)。

 夏休みの課題にまだ手をつけていない、絵日記帳が真っ白というご家庭は、宿題のヒントを探しに「はけの森美術館」に足を運んでみてはいかがでしょうか。(水)

2015081801.jpg

■「はけの森美術館」所蔵作品展 「けんぼしゃんの夏休み」
期間:2015年7月18日(土)~9月13日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)

■交通
武蔵小金井駅南口発 CoCoバスミニ野川・七軒家循環
「はけの森美術館」 下車徒歩1分

■詳細はこちらのウェブへ
「中村研一記念小金井市立 はけの森美術館」
https://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/shiminbunkaka/hakenomori/hakenomori_top.html

■中村研一の足跡を知りたい方はこちら
西日本シティ銀行 日本アカデミズムの巨匠「中村研一」
http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/furusato_rekishi/hakata/041/01.html



 筆者が新卒で会社員になった1980年代、パソコンはまだ普及しておらず、パソコンが使えないどころか、パソコンを見たこともない人がほとんどだった。
 幸か不幸か、筆者の部署にはHP-3000という米国製ミニコンがあった。ミニコンだけにCPUは別のビルに四畳半ほどのスペースをあてがわれていた。本社以外に全国数カ所の端末からもアクセスしていた。CPUをタイムシェアリングして使う設計だ。ハードディスク装置などの筐体はウッド調デザインで家具そのもの。車で言えばカリフォルニアデザイン。いかした木目のステーションワゴンだった。
 マニュアル、システム、画面表示、すべて英語のみ。サポートは日本人SEだったので、メンテナンスで来社の折に日本語で質問ができた。
 アプリはないがいくつかのプログラム言語とリレーショナルデータベースが使えたので、新人の筆者が業務用プログラムを書き起こすことになった。行列式、ベクトル式、確率など高校時代の数学が初めて役に立った。
 と言っても、いきなりプログラムが書けるはずもなく、最初は紙に描いたキーボードをたたいて、タイピングの練習をした記憶がある。あれが役に立ったのかはっきりしない。
 小学校の頃、音楽の教科書の裏表紙は決まって紙の鍵盤だった。子供でさえも紙なんてとバカにしていたが、まさか大人になってやらされるとは・・・。

20150629.jpg
HP Computer Museum 3000 Series 30
http://www.hpmuseum.net/display_item.php?hw=104

 コンピュータの活用を命じた上司は、端末のそばに来るときはいつも腕組みをしていた。
 いま振り返るとどうやら、「ほらオレ腕組みしてるだろ、だから今だけはキーボードにさわれないんだよ、エヘヘ。」という意思表示らしかった。筆者はそんなこととはつゆ知らず、質問などして露骨にいやがられていた。

 最近は、年配の上司ではなく、若者が腕組みをしてパソコン拒否をしているらしい。

「スマホOK、PCは使えない」 そんな新人が急増中、「被害」報告相次ぐ
 今や多くの会社で、仕事をする上でパソコンは必需品となっている。普段は教えを請う側の若手社員が、パソコン操作に関しては年配の社員に教える側に、という光景は多くのオフィスで見られるのでは。
 ところが、数年内に若手社員に頼れなくなる時代が到来してしまうかもしれない。何と、パソコンが使えない新入社員が増えているらしいのだ。
J-CASTニュース・会社ウォッチ 2015年6月11日掲出)
http://www.j-cast.com/kaisha/2015/06/11237227.html

 小さい頃からケータイやスマホを相手に育ってきたのだから、今更パソコンを覚えろと言われても、というのが若者たち新人の意見だろう。
 メール、調べ物、文書の閲覧や作成までこなせるスマホは、機動性、即時性においてパソコンを遙かに凌駕している。
 なぜ、会社はスマホで仕事させてくれないのか、と疑問を持つまでに若者の意識は変化しているのだろう。その気持ち、わからなくもない。

 ただスマホの決定的な弱点を言うと、データの受け渡しがインターネットを経由する場合、通信会社やクラウドサーバーを介さないといけない点だ。企業は自社の情報資源を、データ漏洩や傍受の危険にさらすほど甘くはない。メモリーインターフェイスのないiPhone/iPadは特に用をなさない。iPhone/iPadの生みの親、スティーブ・ジョブズはこう言うだろう。「Macintoshを買ってもらいなさい。そうなるようにiPhone/iPadを設計したんだよ」と。

 パソコンを使えないと嘆いても特効薬はない。いずれ新人君が経営者となれば、スマホで業務という日もやってくるかもしれない。
 それまでの間、腕を組んだりして先輩にどやされるか、腕組みを解いて紙のキーボードからやり直すか。今のところはどちらか選ぶしかなさそうだ。(水)



 わが国の学校教育はいずれ、すべての教科書をタブレットに収めることになりそうです。5年後の2020年には、明治以来続いてきた紙の教科書が姿を消すかもしれません。

全教科をタブレット1台に...デジタル教科書検討
 文部科学省は、タブレット式の情報端末を使った「デジタル教科書」の導入に向け、有識者会議を設置して検討を始める。
 英語や音楽で音声を使った体験学習をしやすくなるほか、算数・数学では、図形を立体的に学ぶことができるといったメリットに着目している。文科省は、2年程度かけて新たな教科書検定の方法などを検討し、早ければ2020年度からの導入を目指す。(中略)
 ただ、教科書は現行法では「紙」であることが定められており、タブレット端末を教科書と認める場合、学校教育法などの法改正が必要となる。
(引用:ヨミウリ・オンライン・IT 2015年5月9日掲出)

 タブレットは誤解されがちですが、パソコンから生まれたツールではありません。iPhoneやAndroidフォンから派生してできたのがiPadなどのタブレットです。
 そのためOS(基本ソフト)の仕様もスマホとほぼ同じ。違うのは電話機能を省いて、スマホより画面サイズを大きくしてデータ閲覧に特化した点です。

 ではパソコンとタブレットの違いはどこにあるでしょうか。OSが違うのは当然ですが、見た目での一番の違いは、パソコンではおなじみのマウスがタブレットにはないことです。タブレットは画面を指でタッチして操作します。また、パソコンでは文書作成や画像処理などのソフトウェアが豊富にありますが、タブレットはデータを作ることより見ることに重点を置いたアプリが中心となります。

 そのため、データの保存や移動を目的としたカードスロットやUSBポートなど、外部記憶との接続機能はタブレットからは省かれています。データはハードディスクではなく内蔵メモリやネット上のサーバーに保存します。AndroidタブレットにはあるメモリーカードスロットもiPadにはありません。
 また、有線LANは装備しておらず、通信機能はWi-Fiといった無線機能のみです。

 すでに県立高校でタブレッ導入に取り組んでいる県もあります。

県立高タブレット導入1年 課題次々、手探り続く
教員、生徒「四苦八苦」
 県教委が昨年4月から県立高校の新入生(約6600人)にタブレット端末を導入し、1年が経過する。5万円負担で生徒が購入する全国初の取り組みだが、年度当初は授業中にうまく教材ソフトをインストールできず、年度末にはその教材を削除するなど、技術、契約上の問題が浮上した。
(引用:佐賀新聞LIVE 2015年4月1日掲出)

 佐賀県では2011年度から準備をしてきたようですが、まだ改善の余地が多そうです。
 タブレットはパソコンよりもデータ漏洩対策やセキュリティ効果が高いので、教育現場には適正がありそうです。また音声や動画、インタラクティブな操作性など多彩なメディアを駆使すれば相乗的な教育効果を得られるでしょう。

20150519.jpg
(明治以来続いてきたパラパラマンガの歴史も風前の灯火)


 ただ、データの取り込みや持ち出しが難しい分だけ、運用にはパソコンとは違った注意が必要です。技術的な問題を挙げると、高速の無線回線をどの程度まで整備するのか、タブレットの特性を活かした副教材を教師が作成できるのか、生徒が作成したデータの保存方法は。それ以外にも以下の問題があげられます。

 ・タブレットの特性を活かした教科書については未知数
 ・見るだけのツールなら、紙の教科書のままがまし
 ・タブレットに変わったことで教師の教育スキルが阻害されないか
 ・タブレット教育が高校・大学受験などで不利にならないか

 批判は多いようですが、いまのこどもたちから情報ツールを取り上げることはできません。効果的な教育利用についてはまだ未知数の部分もありますが、教育の場で試行錯誤した方が良さそうです。(水)



 筆者は人付き合いはあまり得意ではなく、大学での友人もせいぜい10人程度に限られていました。就職後は一転、とある企業のセールスプロモーション部に配属となると、全国各地の営業マンを後方から支援する業務を命じられました。営業マンは数千人はいたと記憶します。

 1980年代の通信手段は丸いダイヤルを指で回す式の黒電話1本やり。一対一のコミュニケーションですから、朝から晩までとにかく電話に追われていました。いまならPCがバックグラウンドでやってくれるメールで済む話です。それと同じ業務を、かつては電話音声だけで情報をやりとりし、就業時間のほとんどを費やしていました。

2015051801.jpg

 昔を知らない方は「なんと非効率な」と思われるかもしれませんが、手っ取り早い通信手段はこれしかなかったのです。だから仕事の長電話を疑問に思う人はいませんでした。 電話のベルが鳴り止むのはだいたい就業時間を過ぎてから。自分の仕事を処理できるのは、夜6時から深夜となります。従って毎晩残業でした。
 ただ受けられる電話の本数で自分の仕事量が決まりますから、黒電話がオーバーワークを防いでくれていたのかもしれません。いえ、やっぱり新人にはオーバーワーク気味だったようです。

 次第に疲れがたまってきました。頭がいつもしびれた感じになり、時間の感覚が鈍くなりました。気がつくと、もう終電ということが度重なりました。ものを食べても胃が痛むようになり、名刺の束を繰りながら思いました。「人に会いすぎている。これ以上は耐えられないかも」

 困ったときの頼みの綱、トップセールスマンの叔父さんに会って悩みを打ち明けることにしました。叔父さんは毎日一台は新車を売っていると言われる売り上手のカーディーラー経営者です。
 際限なく仕事の相手が増え続けること、またはその逆について。
  おじさん曰く:「クルマを買い換えるときに2割から3割の客は離れていく。縁がなかったんだ。縁のない人を追いかけず、新しい出会いを開拓するんだよ」
 人と会うのが苦手です。
  おじさん曰く:「ちゃんとメシを食べてるか。メシを腹いっぱい食べてから、人には会うものだ。ネクタイを締める前に、メシを食べろ」

 奇妙なアドバイスを受けて、とりあえず実行したのは残業前に、しっかりと晩ご飯を食べること。上司からは「残業時間中にメシに出掛けるな、時間がもったいない」と言われ続けましたが、腹が減っては・・・といいつつ、食事に時間とお金をかけるようにしました。次に上司の指示通りに動くだけでなく、自分なりに仕事の目標をたてました。自社商品の見積りをプログラム化することにして、残業時間をプログラム言語の習得にあてました。リレーショナルデータベースを独習で身につけて、自分の売り上げの実績と予測を月次報告できるようになりました。

 周囲を見回す余裕ができると、コピーライターという職業があることを知りました。ボーナスをはたいて、コピーライター養成学校の通信コースを受講しました。当時のコンピュータ広告はとても難解でしたので、この職に就く可能性に賭けることにしたのです。本当は教室に通いたかったのですが、定時退社はあり得ないことでした。ひとり孤独な勉強でした。
 残業の多い職場で、学習時間を作るのは難しいことでしたが、技能を身につけないと将来の自分が危ういと思い、コンピュータと広告に自分の未来を託して必死でした。そして、その結果は・・・。
 この後のことは、また日を改めて。

 いま、コンピュータはスマホに置き換わったようです。指を滑らせるだけで直感的に操作できるスマホは、楽して覚えるもの。取説すらなく必死になって勉強するものではありません。コンピュータも同じような存在になりつつあります。便利にはなりましたが、若い人たちにとって、スマホもコンピュータも将来の自分を思い描く対象にはならないでしょうね。
 
 便利です、スマートに時短してくれる情報機器です。若者の生活は充足しているようです。しかし、私たちは今や「未来を夢見させてくれる程ではない製品やサービス」に囲まれてしまいました。杞憂かもしれませんが、どうでもいい便利さと引き替えに、若者から夢見る力が失われてしまわないか心配です。
 はたしていつまで、このようなツールが使われるのでしょうか。Siriに尋ねたくなる今日この頃です。(水)



 入社して新人がまず気がつくこと。それは周囲の日本語がカタカナだらけに一変することです。最近はそうでもないでしょうが。

 筆者が最初に配属された部署名は、セールスプロモーション部プレミアムプランニンニン・・・。恥ずかしながら何をする所かさっぱりわからず、とりあえずニコニコしていました。
 そして諸先輩の会話。カタカナ略語に「てにをは」をつけただけで交わされる言葉は、先月まで江戸書物を読んでいた国文科卒の耳には言語というより、暗号の交信にしか聞こえません。
 毎朝新聞を綴じておくのは新人の仕事で、一週間経ったら捨てるのかと思いきや、それを大事に保管するのも新人の仕事でした。しかし、日本を代表するその経済紙を広げても、ラテ欄(ラジオテレビの番組表)は奥深いところにあり、紙面の価値が分かりません。しかも悲しいかな、理解できる記事はひとつもありませんでした。

 さらに運の悪いことに、職場にはまだ日本では普及していなかった米国製ミニコンがあり、その習得すら課せられました。仕事に取りかかる以前に、カタカナ略語とコンピューター英語の二重苦に悩まされました。

 自分は変体仮名(※1)は読めるし、古語の活用だって「け, け, く, くる, くれ, けよ(※2)」とできるし。同じ日本人なのになぜ、と胃がキリキリと痛んだ記憶が今も残っています。

 今年の春も、慣れないビジネス用語の壁にぶつかり、胃の痛む思いの新人の方もいることでしょう(いや、いないか)。

 これはヤバイと思った筆者は、ページを好きなだけ足せるバインダー式のブックカバーと帳面の束を購入しました。

 そして、数ページおきにアルファベットの見出しをつけて、新しいカタカナ語を見つける度に手書きで記録していきました。同時に意味を調べ、英文の綴りが分かれば書き足しました。
 要は自前の外来語辞典とコンピューター用語辞典を作ったわけです。

 会社では会話が分かったような顔をして、知らないカタカナ語を手のひらにこっそり書きとめ、アパートに帰ると会話を思い起こしながらノートに転記。同じ単語が2度も3度も書き込まれたりしましたが、仕方ありません。これが新人の実力ってものです。

15042701.jpg


 半年くらいは、海外からの研修生かと思うくらい、会話がかみ合わなかった気がします。
 3年ほど帳面作りを続けた結果、ようやく人並みにビジネス会話らしいことができるようになりました。やれやれ。

 いまはスマホで何でも調べられてメモも取れます。しかしセキュリティ対策によりスマホ持ち込み禁止の職場も増えています。だからこそ、職場や得意先でおもむろに使い込まれたノートブックを広げる新人くんは、きっと好印象を持たれるはずですよ。(水)

--------------
※1=変体仮名:かな五十音字以外のかな表記の総称。決して「変態」ではない。
※2=古語の活用:「け, け, く, くる, くれ, けよ」は下二段活用。



 マーリンズのイチロー選手(41)がレイズ戦で先発出場し、1安打1打点を記録しました。今季初めてのフル出場だったのですが、その理由は意外なものでした。正中堅手(センター)の遅刻によってイチロー選手の先発が決まったのです。

イチロー、今季初先発で初打点 突然の出番も「経験済みですから」
 開幕から6試合目での初スタメン。イチローが知らされたのは試合開始3時間前にフィールドで行われたストレッチの時だった。
 理由は、先発出場する予定だった正中堅手、オズナの遅刻。全体練習がないものと勘違いした24歳にレドモンド監督は「チームは勝利を目指して戦っている。彼にはその準備をするためにここにいることを他のチームメートに示す義務がある。イチローはプレーする準備ができている」とスタメン変更の理由を説明した。
(引用元:デイリースポーツオンライン 2015年4月13日)

 試合開始のわずか3時間前に出場が決まっても、ちゃんと結果を残すあたりが、さすが大リーグでも超一流といわれる選手だけのことはありますね。一方、遅刻したオズナ選手は焦りと不安でいっぱいかと心中お察しいたします。

 ほとんどのサラリーマンは時間厳守で仕事をしていますが、なかなか時間を守れない性質の人もいます。特に学生気分が抜けない新人は、遅刻をきっかけにそのまま会社に来なくなり、辞めてしまうケースも多いと聞きます。
 せっかく就職できたのにと言いたくなりますが、それは社会常識が身についた人が思うことで、中身が学生のままの新人は部活を辞める程度の認識しかないのでしょう。

 不幸にも遅刻してしまったら、職場の責任者に連絡を入れて何時頃に現場に到着できるか伝えましょう。責任者は今日あなたをあてにできるのか、何時から仕事をアテンドできるかを考えているからです。遅刻の理由も正直に申告しましょう。でも遅刻しない方がいいですよね。遅刻しないための対策を考えてみました。

遅刻を未然に防ぐ四つの対策

1.移動の所要時間は余裕をもっておく
 スマートフォンなどで交通ルートと所要時間は必ず調べましょう。ただし都心のラッシュの時間帯は1.2倍~1.5倍の時間がかかると見込んだ方が安全です。遠回りルートにしてターミナル駅の乗り換えを避けるという方法もあります。

2.前の日の準備ですべてが決まる
 前の晩、寝る前にできることはやっておきましょう。翌朝着る服や靴を揃えておく。持って行くものを確認してカバンに入れておくなど。朝起きてすることは最低限の[洗顔→朝食→着替え→ゴミ出し]にとどめ、それ以外は前の日に終えておきましょう。

3.朝食は出かける30分前までに摂る
 目を覚ましたら、まず水分を補給しましょう。家を出る30分前までに朝食を摂るなど胃腸を整えてから外出すると、体にも心にも余裕が生まれます。

4.家を出る前に体を目覚めさせておく
 朝の電車の中で夢の続きを見ている人がいますが、職場についてすぐに仕事にかかれるとは思えません。時間通りに来るのはいいけれど仕事を任せられるか不安です。前の晩にストレッチをしたり、体を温めて寝るなどしっかりと睡眠をとる工夫をしましょう。
041301.jpg


 かく言う筆者も、入社3日目にお昼出社した経験者です。理由はきわめてアナクロ(時代遅れ)で、めざまし時計のネジを巻き忘れて、寝ている間に時計が止まっていた、という二重の意味で時代遅れのお粗末さ。かなり恥ずかしかったです。でも2年間の会社勤めで遅刻はこの一回だけでした・・・。何の言い訳にもなっていませんね。(水)



チャンスの女神は前髪をつかめ

 「チャンスの女神は通り過ぎる前に、前髪をしっかりつかめ」。
この言葉は筆者が社会人になりたての頃、親戚の叔父さんから送られた格言です。

 そのおじさんの心情は、伯父さんになってしまった筆者にも今だからでしょうか、よくわかります。社会人なりたての甥っ子を見た叔父さん、そのあまりにも頼りなくぼうっとした甥っ子の姿に思わず言ってしまった、究極のアドバイスだったに違いありません。

 ちなみに英語ではこういうそうです。

 Seize the fortune by the forelock.

 英語の教師もしていた叔父さんのことですから、おそらく話のネタはこのあたりから持って来たのでしょう。「チャンスの女神には後ろ髪はないんだ。見えたらすぐつかめ」と念を押すような言葉もいただきました。

 はて、英語の格言には女神の後ろ髪には触れていませんね。しかも前髪しかない女神というのも変な話です。
 forelock(前髪)で英和辞典を引いてみました。
「take time [occasion] by the forelock/意味は、時[機会]を逃さない。時の翁(オキナ) (Father Time)」は前頭部にだけ髪が生えた老人の姿で描かれたことから」(『新英和辞典』・研究社より引用)。
意外なことに女神は老人に変わってしまいました。

 女神だろうと老人だろうと幸運をもたらしてくれればどちらでもいい話ですが、筆者の経験から補足するとチャンスをつかむにはそれなりの準備が必要です。

・幸運の女神が来ていることに気がつく注意力
 ぼうっとしていては女神が近づいたことにも気がつかない。気付かなければつかみそこねもないので、それはそれでいいのかも、と今風の若者に言われそうですが。

・前髪をつかみとる決断力
 ここぞというときにみずから手を出さないと幸運は訪れない。待つだけの姿勢ではだめだよとの戒め(いましめ)。

・一度つかんだら離さない腕力と能力
 幸運の兆しが訪れたら、そのチャンスを確実にものにする能力も問われます。幸運に出会うまでの時間を実力を養う期間と考えるか、ただの待ち時間と考えるか、それによって見えてくる結果は明らか。スポーツで言えば、ピッチャーフライを落球する、フリーキックで芝生を蹴る、アイスの当たりクジを犬に食われる、のたぐいですね。

 できすぎの感のある名言ですが、よくよく考えると幸運の女神に出会うにはいろんなものを用意して待ってないといけないことに気付かされます。とても深みのある格言ですね。ガンバレ、新社会人たち。

 そういえば、チャンスの女神の話には叔父さんならではの続きがありました。

 After the festival.

 つかみそこねたら、あとのまつりってことよ。

(水)

040101.jpg



今を去ること数十年前、とある企業で教えられた仕事の作法をご紹介します。

封筒は破って捨てろ

 郵便で届いた封筒は中身を出したらそのままゴミ箱に捨てては・・・いけないのでした。
 中に何もないことを確認したら、袋として使えないよう細かく破るか、シュレッダーにかけるのがルールでした。中身の取り忘れを防ぐためですが、清掃の方が中身を確認する手間をかけさせない心遣いもあったようです。
 封筒には送り主と宛先の両方の住所が書いてあるため、情報の流出を防ぐ意味もあります。もちろん空き封筒の使い回しも厳禁でした。
 最近は用件が手紙でくることはめったにありませんが、いまでも必須のルールとして通用しますね。


03171.jpg


 ところで、私の大学時代の恩師、私宛ての手紙はいつも使用済み封筒を裏返したお手製のものでした。ルール、破ってます。

 あるとき恩師から送られた本を持って師のもとを訪ねました。奥様は本よりその封筒に目を輝かせて、「あら懐かしい。それは私の手作りですよ。本を買うのにお金がかかるから倹約だと主人が言って、沢山作らされましたのよ」
 私には初耳でした。続けてもう一言「もちろん気を使う宛先には使いませんでしたけどね」


 まあ、そうでしょう、教え子にはそんなものでしょうとも。と思うと同時に恩師が貫いた生き方に、
そびえ立つ山を仰ぎ見るような気持ちを覚えました。

 先生は江戸時代の古文書を精力的に集め続け、ついにはご自身の名前を冠する文学コレクションを持つに至ったのでした。
掟も上手にやぶると、山をなすものですね。

 残念ながら、私がその手作り封筒を奥様に披露できたのは、恩師の葬儀の場でした。


雲英末雄編
『江戸書物の世界 雲英文庫を中心にたどる』
(笠間書院)



2 電話はメモを取れ

 新人の机って部長や課長のすぐそばに置かれませんか。ただでさえ緊張しているわけですから、机の配置ひとつでもさらなる無言のプレッシャーと感じてしまうのです。
 そんな気持ちに追い打ちをかけるのが電話です。チリンと鳴ったら真っ先に取るのが新人の仕事。背後の部長席、左隣の課長席、目の前の係長席と3つの電話を見張らなければなりません。気分は牧羊犬ですが仕方ありません。できることはそれくらいしかないのですから。
pic0304.jpg
 電話の向こうから聞き慣れない社名が飛び込んできました。いや自分的には聞き慣れている言葉ですが、まさかそれが社名だったとは。失礼しました。知ってる会社サンです、元気に取り次ぎましょう。
「係長、ボンカレーさんからお電話です」
 怒ったように受話器をもぎ取り、会話を始める係長。

 電話を切ったときの係長の目はみごとな三角でした。
係長「さっき社名、なんて言った」
私「はい、ボンカレーさん」
係長「ばかやろう、カレーじゃない、カラーだ」

 部長以下全員大爆笑。「電話はしっかり聞きとれ」言われずともわかってますが、人生の経験値の低さゆえ、ついつい自分のボキャブラリーに引きずられてしまうのが新人です。たとえて言えば、使えない類似語を押しつけてくるダメな検索エンジン、薄い辞書を持たされて誤変換だらけのワープロ。
 みっちり油を絞られた新人は、次の日からメモ帳片手に電話の見張りに励むこととなりました。



CIMG1084.JPG
今を去ること数十年前、わたしはとある企業に新卒として入社しました。そこで教えられた仕事の作法のようなものはいまでも実行しています。
意識してやっているというより、身についた習慣でしょうか。そうしないと居心地の悪さを感じます。自慢にもなりませんがご紹介します。

1 出されたお茶は作業が始まる前に飲みほしておけ
得意先や社内のミーティングでお茶やコーヒーなどが出されることがあります。打合せに入る前に飲み物の器は空にしておけと言われました。

礼儀として少し手をつけるだけでなく、全部飲み切るのはみっともないようですが、これは事故を防ぐ知恵なのです。
書類を広げるとき、新人でなくとも湯飲みなどをひっかけて飲み物をこぼしてしまいがちです。大事な原稿やメモリーなどを濡らしてダメにしてしまう光景、漫画やドラマでは定番のシーンですね。

相手先の大事な資料や原稿を預かることの多い職場でしたから、謝って済むはずのない現実世界では避けたい事故です。新人だったからか、わたしが要領悪そうに見られていたのか何度となく言われ、ついに習慣となってしまいました。

でも、とっても気のきく秘書の方にさりげなくお替わりを出されたら、困りますね。
そのときの対策は・・・習いませんでした。

【筆者紹介】
初めまして。コラムを担当することになりました、水田です。印刷業界を皮切りに、広告、ゲーム、教育、IT業界と渡り歩いてきました。ニュースや事象について思うことを綴ってまいります。よろしくお願いいたします。


サイト内検索
google

今月の新刊

改訂版 はじめての相続・遺言100問100答
改訂版 はじめての相続・遺言100問100答
著者/税理士法人レガシィ:編著 天野 隆/天野 大輔
定価/1600円+税


中学・高校6年分の英単語が10日間で身につく本
中学・高校6年分の英単語が10日間で身につく本
著者/長沢 寿夫
定価/1400円+税

CD BOOK 60才からはじめる旅行英会話
CD BOOK 60才からはじめる旅行英会話
著者/高橋 文子
定価/1500円+税