書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

すごくタメになりました!!こういう本は、自分をどう動かすかの「方法」ばかり書いてあるものが多いですが
2017:03:22:16:29:29 2017.03.22更新
読んだ後、内容が良いので社員にプレゼント。 読みやすい、解りやすい、社員のテキストに良い。
2017:03:22:16:18:11 2017.03.22更新






明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学
「できる!」ビジネスマンの雑学


 バナナは朝食からおやつ、スポーツ時のエネルギー補給、時にはダイエット食にとあらゆる方面で活躍する万能食となっています。
 しかも求めやすい値段で一年中店頭に並んでいるという、近年まれに見る優等生です。

 ところがこのたび、たった一本で千円という超高価格のバナナがお目見えしました。

岡山産"1本千円"の高級バナナが本格デビュー
高い糖度と濃厚な味
 純日本産として注目を集めている岡山県育ちのバナナ=写真=が地元デパートの店頭に相次いで並び始めた。1本約650円~千円という「たたき売り」のイメージからはかけ離れた高級品で、いずれは台湾、フィリピンにも売り込みをと期待を集めている。
 米穀卸大手の神明(神戸市)の関連会社・神明ファーム(同)が岡山の温暖な気候に着目。稲作地帯である岡山市南区の藤田、灘崎地区の計3カ所で昨年2月以降、ビニールハウス計11棟で約1350株を順次栽培してきた。
産経WEST 2017年3月18日)

20170324.jpg

 温暖な岡山県のビニールハウスで育てるとはいえ寒さに弱いバナナのこと、冬の間は暖房費もばかにならないはず。また、バナナの木はそれなりの高さに育つため、ビニールハウスも大型となっています(高さ6m)。バナナにそれだけの投資をして果たして採算が取れるのでしょうか。
 そもそもお米を扱う企業がなぜ、このようなチャレンジを思いついたのか。岡山が地元の地方紙などにその答えがありました。

岡山にバナナの大規模農園が開園 日照多く適地「日本一の産地に」
 岡山市南区藤田に建つ高さ6メートルのビニールハウス。中に入ると室温は30度。数百株のバナナが生い茂り、南国の風景が広がっていた。
 コメ卸大手の関連会社が、国内では珍しいバナナの大規模栽培を始め、3日、開園式を行った。今年2月に植え付けた株は3メートルほどに成長し、年内にも初出荷する。(中略)
 本業のコメの価格が低迷する中、1年を通じて安定した需要がある一方、ほぼ年中収穫でき、栽培にあまり手間がかからないバナナに着目したという。岡山で作る理由について、神明ファームの浅越芳明取締役は「気候が温暖で、ハウスの室温を保つための燃料コストが抑えられる。台風が少ないのでハウスが損壊するリスクも小さい」と説明する。
 収量や採算性を検証しながら、岡山県を中心に兵庫県の一部でも農地を広げていく方針。5年後には年産300トン、12億円の売り上げを目指す。実現すれば、鹿児島県(72・4トン、13年)、沖縄県(58・5トン、同)を抜き、国内最大のバナナ産地となる。
山陽新聞 2016年12月04日掲出)

岡山にバナナハウス開園、1ha・5,000万円の売上目指す=神明 (12/6)
 ㈱神明(藤尾益雄社長、写真)は3日、岡山県で「バナナハウス開園式」を開いた。グループ会社の㈱神明アグリ(吉川和男社長)の子会社・㈱神明ファーム(吉川和男社長)が展開するバナナハウスのお披露目会。生産したバナナの試食も実施した。吉川社長は、「米を生産しても1ha当たりの収入は120~130万円。バナナ園1haで5,000万円の収入を作っていきたい」と意気込みを語った。
(食品産業新聞 2016年12月6日掲出)

 岡山産のバナナが5年後には、南国の沖縄や鹿児島を抜くとは壮大な話です。しかもお米の30~40倍もの収益力があると見込まれています。
そういえば岡山県と言えば白桃やマスカットなどの名産地で、山形県と並ぶフルーツ王国でした。
 農地と言えばまずはお米という発想からはとうてい出てこないアイデアですね。

 また近年、バナナ生産国に広がるバナナの病気「新パナマ病」や害虫にも日本の農地は無縁のため、日本国内であればバナナの無農薬栽培が可能である事も着目された理由のようです。

[241]やっぱり深刻だったバナナの「新パナマ病」問題
(当コラム 2016年05月20日掲出)

 「無農薬の安全な岡山産まれのバナナ」が一本千円。
 この値段は高いのか、それとも適切なのか。

 価格に見合ったバナナと認められるかどうかは、消費者の舌とフトコロにゆだねられています。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 当コラムでは様々な音楽媒体が時代とともに変遷していく姿をご紹介してきました。
 エジソンが発明したレコードプレーヤーに始まり、カセットテープ、CD、DAT、MD、iPod、・・・。

[221]本当かな?レコード人気、じわりと復活
(2016年03月16日掲出)

[254]若者から再評価、2016年は「カセットテープ元年」
(2016年06月20日掲出)

 21世紀の今は、音楽の視聴スタイルはストリーミング配信に取って代わり、ここ1、2年で音楽聴き放題サービスへと一気に進みました。

[302]世界最大の音楽番組、スポティファイ。日本上陸
(2016年10月11日掲出)

 そんなめまぐるしい音楽業界では、ついにこう言われ始めたようです。

 「いよいよCDは消え去るのみか・・・。」

カセットテープはしぶとく残る!? "応募券"CDが消える日...
「CDの媒体としての役割はもう終わっています」
 と語るのは、マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏。5年後にはCD消滅という事態が訪れることもありうるという。
 日本レコード協会によると、2015年の音楽ソフトの生産額と有料音楽配信の売上額の合計は、1998年の約半分、3015億円まで減少。音楽を楽しむのは、動画サイトや定額配信という層は増えている。
dot./週刊朝日 2017年3月17日号 2017年3月13日掲出)

 この記事では、CDがライブへの「応募券」となりグッズ化してしまったがため、CDプレーヤーの消滅と共にいずれ他のグッズに置き換えられてしまうと予測しています。

 CD技術は日本が世界をリードしてきた音楽メディアでしたが、その性能ゆえではなく音楽を聴く媒体でなくなるがために消えるという、思いがけない未来が待ち構えているようです。

2017032201.jpg

 一方のカセットテープ。先日、コンビニで流れるトーク番組での事。女の子二人の会話は、最近購入したラジカセが話題でした。

 まさか、10代と思われる女の子からラジカセ談義を聞かされるとは思ってもいませんでした。

 カセットテープがくるくると回って音楽が聞こえてくる新鮮さ。その無骨なデザイン、ぼやけた音質に、レトロ感を堪能できると楽しげに語っていました。
 筆者には信じがたいことですが、今の若い子たちの間ではラジカセは「音楽通」として優越感に浸れるアイテムのようです。

 そして、まさかまさかのCD消滅話。
 結局のところ、音質にこだわったオーディオ装置を揃えるよりも、みんなで盛り上がるライブこそが、新しい音楽が生まれたり名曲がよみがえったりする場所だという事でしょうか。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 ネットバンキングは、お金の振り込みなどを自宅のパソコンからできる手軽さが受けて、短期間に普及しました。
 いわゆるこうした電子決済は都市銀行をはじめ、ゆうちょ銀行までサービスを提供していますが、その便利さは一方で、姿の見えない第三者の不正使用につけいられる原因にもなっています。

2017032101.jpg

 特にインターネットバンキングをターゲットにした不正操作は、すべての預金を一瞬にして横取りできることから、そのとっかかりとなるウイルスはインターネット中を飛び交っているといっても大げさではありません。

 ウイルスに感染したパソコンは、IDもパスワードも筒抜けになってしまいますから大変危険な状態です。ではどうやって感染から防ぐのか。そもそもいま使っているパソコンはウイルス感染しているのか、いないのか。

 そんな悩みを解決してくれるサイトができました。

流行りの銀行ウイルスに感染していないかワンクリックでチェックしてくれるサイト、
日本サイバー犯罪対策センターが試験公開

 一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center:JC3)は16日、「DreamBot・Gozi感染チェックサイト」の試験運用を開始したと発表した。ウェブブラウザーから同サイトにアクセスすることで、「DreamBot」「Gozi(別名:URSNIF)」といったマルウェアに感染していないかどうかを簡易的にチェックできる。
 DreamBotとGoziは、インターネットバンキングのID・パスワードなどの情報を狙うマルウェア。感染すると、銀行口座から勝手に不正送金されるなどの被害に遭う恐れがある。昨年秋ごろから日本語のスパムメールで拡散される事例が目立っており、添付ファイルを開いて感染するケースのほか、メール本文に記載されたURLリンクをクリックすることで感染するケースも確認されているという。
INTERNET Watch 2017年3月16日掲出)


 ただし、このサイトでは感染の有無を調べてくれるだけです。ウイルスの除去まではできません。やはりウイルス対策ソフトは今後も必要ですね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「DreamBot・Gozi感染チェックサイトの試験運用を開始しました。」
一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター
(Japan Cybercrime Control Center:JC3)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 3月17日はセントパトリックデー(St. Patrick's Day)です。

 日本ではなじみのない記念日ですが、どんな日でしょうか。

 「アイルランドの守護聖人セント・パトリックの祝日。アイルランドの国花・三つ葉のクローバーがシンボル。これは、聖人が三位一体を説くときにクローバーを用いたことに由来するとか。この日、シンボルカラーの緑色のものを身につけると幸福になれるとされる。」
一般社団法人 日本記念日協会サイトより引用)

 そうです、緑色で思い出しました。筆者が出張でニューヨークを訪れたとき、昼下がりのニューヨークのど真ん中、日本で言えば銀座通りとおぼしき通りを大勢の人が賑やかに行進する大パレードに遭遇しました。

 その姿はと言えば誰もが緑色。緑の服やスカートをはいたり、身につけた帽子やカバンも緑色。さらには、誰もが胸に緑のリボンをつけて、春先の街路をどこかを目指して、楽しそうに歩き続けます。

2017031701.jpg

 興味を持った筆者が後についていくと、たどり着いたのは趣のある古い教会でした。
 今にして思えば、マンハッタンにあるその名も「セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)」だったようです。

 このパレードが始まったのは、アメリカがイギリスから独立(1776年)する前の1762年とのことですから、二百年以上も続く伝統行事でした。
3.17 セント パトリックス デー ガイド
(mashup NY 2016年3月3日)

 これがセントパトリックデーを知った最初でした。

 日本では何事もなく過ぎ去る日ですが、きっと今日のニューヨークもみんな浮かれて歩いているのでしょうか。

 今日もいちにち、良い日でありますように。(水)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 春めいてきたこの頃、そろそろ野鳥たちへのエサやりも終わりを迎えようとしています。

 とはいえ、ここのところの冷え込みは野鳥たちにも厳しかったと見え、2月後半からぱったりと姿を見せなかったシジュウカラが、ここ数日はエサ台で筆者の登場を心待ちにしています。

 昨年の暮れに野鳥に関するコラムを書きました。

[331]この冬、寒さに負けずカワセミ観察はいかが
(2016年12月16日掲出)

 この中で野鳥を呼び寄せる方法について、筆者なりにまとめたつもりでした。ところがどの世界にも先達(せんだつ)はいるものです。

 野鳥を庭に呼ぶ方法をまとめた本がありました。

「野鳥が集まる庭をつくろう おうちでバードウォッチング」
(藤井幹・井上雅英 共著/誠文堂新光社)

2017031501.jpg

 この本の白眉(はくび)はなんといっても、野鳥たちの「水場をつくろう」ということです。

 鳥たちに欠かせないのが、羽毛の毛づくろい。それには水浴びが一年中欠かせないそうです。勘違いしていました。鳥たちの水浴びは暑いときだけするものではなかったのですね。

 うかつにも筆者は水場をつくったことがありませんでした。今年の春からはさっそくエサ台の代わりに水場を提供いたします。

2017031502.jpg

2017031503.jpg

今週も庭は大賑わいです。

 また、庭木はあればいいというわけではなく、その地域に古くから根付いた植栽を心がけましょう、とのこと。

 確かに野鳥は何百年、いえ何千年もこの地域に住んでいたり、渡りで毎年やって来ています。私たちがおしゃれだからといって突然、外国の樹木を植えたところで、鳥たちは見慣れぬ木に警戒するだけです。また、鳥は木の実を食べてその種子を運ぶため、その地域に根ざした果物や実をあげることも大切です。

 とても奥の深い知恵が詰まった本です。

 これから野鳥を庭に呼ぼうとお考えの方には、最適のガイド本となるでしょう。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 あの東日本大震災から6年、ニュースで取り上げられる事もしだいに少なくなってきました。
 しかし、復興が完了したわけではなく、いまも避難を余儀なくされている方がおおぜいいらっしゃいます。

 昨年は熊本地震が発生して、日本列島に暮らす以上は災害を避けて暮らせる場所はどこにもないことを痛切に思い知る事となりました。

 そんな中でとある週刊コミック誌が防災に取り組んでいます。

青年漫画誌が付録に防災本 震災6年に合わせて企画
 災害から大切な人を守ってほしい-。小学館発行の青年漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(3月13日発売号)が、災害時の命の守り方や被災時に役立つ情報を集めた「防災ミニブック」2冊を付録にする。東日本大震災から丸6年が経過することに合わせた企画。担当者は「1冊はあなたへ、もう1冊は大切な人に渡してほしい」と話している。
産経フォト 2017年3月7日掲出)

20170313.jpg

 筆者は発売日の3月13日に買い求めました。少し膨らんで通常よりは重さを感じる「ビッグコミックスピリッツ」。中綴じの真ん中をテープでとめています。
 グラビアカラーページは女の子の水着と相場が決まっていますが、今回は違います。アイドルたちがあちこちの防災施設をたずねるという企画。そして中綴じされた二冊の「防災 Mini BOOK」

2017031302.jpg

 防災ブックは本当に必要な最小限が、吉田戦車氏のイラストでわかりやすく描かれています。そして、東日本大震災の犠牲者がいつの間にか、2万人を越えていた事をこの冊子で知りました。

 ふとした思いつきでこの企画が始まったわけではない事は、考え抜かれた文章と紙面構成でわかります。

 この雑誌が一週間しか店頭に並ばない事を、筆者は惜しいと思いました。

 心のこもった内容を確かめに、ぜひ書店に足をお運びください。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 電話は今でも重要な伝達手段です。たとえば、米ソのホットラインしかり。そこまで大げさでなくとも、芥川賞はもちろん、昨年末にはある受賞者がつかまらないと話題になったノーベル賞も、電話による伝達でした。
 なぜ、メールや電報ではなく電話なのか。それは本人の人生や将来を左右する程の重要事項は直接本人に伝えようとの判断からですね。

20170310.jpg

 電話は時としてとても重要なメディアですが、「いまどきの若者たち」はなかなか電話には出てくれないようです。

電話は嫌い、非通知出ない 人事も驚く今どきの就活生
 「学生が電話に出てくれない」――。3月1日に解禁となった2018年卒の採用活動。浪人や留年などの寄り道なしで卒業予定であれば、1995~96年生まれの大学生たちは、生まれたときからの携帯電話世代だ。彼らの通信手段は「LINE」「ツイッター」がほとんど。就職活動になって初めて、「見知らぬ大人との電話コミュニケーション」に直面、とまどう学生も少なくない。通信手段の変化が、就活に思わぬハードルをもたらすこともあるようだ。
NIKKEI STYLE・出世ナビ/松本千恵 2017年3月8日掲出)

 採用通知の電話とわかっているなら、誰しも喜んで出るはずですが、なぜ出ないのか。
 「知らない電話番号だったから」
 「電話番号が非通知でかかってきたから」

 このふたつが主な理由のようです。

 つまり、若者の「情報リテラシー」に照らし合わせると、

 「かけてきた相手が誰だかわからない電話には出ない」

というルールが徹底しているという事です。

 これは情報リテラシーから見ると、正しい判断と言えます。第三者からのケータイやスマホへの着信は、高額商品などの勧誘であったり「ワン切り」(※1)「非通知ワン切り」(※2)の可能性もあるため、今では「基本的に電話に出ない」が常識になっています。

 そのことを知らない企業の人事部側にこそ、問題があるのかもしれません。学生との電話コンタクト率の低さを調べる中で、自社の電話設定を見直したところ非通知着信になっていたというケースもあるようです。

「学生がつかまらないと嘆く人事に、もしや『非通知では』と確認すると、意図せず設定されていた、というパターンがある。(前出記事より引用)

 ただ、ビジネスにおける電話は、知らない人や第三者からの着信を拒否する事はできません。企業としても、電話でのコミュニケーションができない学生や連絡はLINE限定という学生を安易に採用するわけにはいきません。

 そのため企業からかけた電話に学生がどう反応するのか、その対応能力も選考対象としている企業もあるそうです。

 就活中であればなおさらのこと、学生の皆さんはこれまでの安全重視の情報リテラシーを見直して、電話とのつきあい方を変える必要がありそうですね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
※1=「ワン切り」:悪徳業者が着信に電話番号残して、かけ直した利用者を「ダイヤルQ2」などの有料サービスに繋げる。高額請求の手口として知られている。
※2=「非通知ワン切り」:主に次の3つに分類される。1.高額請求業者のリストづくりでコンピュータが自動的に発信している。2.調査会社の信用調査目的。3.いたずらやストーカーなどの迷惑行為。

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 今回のタイトル、「読書習慣の育成に図書館お泊まり体験」からすぐさま、あぁ子供たちをひと晩図書館に閉じ込めて寝付くまで本責めにするのね、と思った方‐‐‐、
「大間違いです!」

 「図書館にお泊まりイベント」は正しいのですが、実はお泊まりするのは
「こどもたちではありません」

 では、親。

 それもちがいます。



 お泊まりするのは、なんと「ぬいぐるみ」です。

 子供たちが普段大切にしているぬいぐるみを図書館がひと晩あずかるという、それだけのイベントです。

 もちろんこれだけで子供たちが読書好きになるはずがありません。子供たちから引きはがされたぬいぐるみだって大きな迷惑です。

 図書館ではぬいぐるみを預かったあと、図書館で「ぬいぐるみが絵本を読んでいる(かのように)」並べた写真を撮影して、子供たちにプレゼントします。

2017030801.jpg

 すると、あら不思議。その写真を見た子供たちは、「おやっ、わたしのぬいぐるみは絵本が好きなのか」と誤解します。

 そして、子供たちはせっせとぬいぐるみに絵本を読んで聞かせるようになります。その繰り返しのうちに、いつのまにやら子供たち本人が本好きになる、という次第。

 なかなか手の込んだお芝居ですが、これが意外と効果が高いそうです。

「ぬいぐるみお泊まり会」、読書好きな子育む効果
 読書離れ対策に「ぬいぐるみお泊まり会」が効果――。岡山大の岡崎善弘講師らの研究グループは、子供を本に親しませる試みである「ぬいぐるみお泊まり会」の効果を実証したと3日までに発表した。研究成果はオランダ・エルゼビア社の科学雑誌に掲載された。(中略)
 研究グループは3~5歳の幼稚園児42人を対象に、お泊まり会前後の変化を調査。ぬいぐるみに絵本の読み聞かせをする子供はお泊まり会前の2人から21人に増えた。会の後3日たつと4人に減ったが、会のことを思い出させると再開する傾向がみられた。
日本経済新聞 2017年3月3日掲出


 この仕掛けのポイントは、「本を読みなさい」と子供に強要するのではなく、あなたのぬいぐるみに「絵本を読み聞かせしてあげて」という部分でしょう。

 お願いされる形で自発的に本を読む子供たちは、自尊心をくすぐられ、また、自立心の芽生えにもつながっているようです。

2017030802.jpg

 人生最初の読書体験は、スマホや液晶パネルではなく、紙の本であってほしいと思うのは、筆者だけでないことを願っています。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
岡山大学・プレスリリース 2017年2月28日
「"子どもの「読書離れ」解決の鍵はぬいぐるみ!? "読書活動を推進するための人気イベント「ぬいぐるみお泊まり会」の効果を実証 子どもの読書活動の自発性を促す役割期待」


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 インターネットが普及して以来、企業の情報システムがインターネットとリンクする事は当たり前となっています。

 しかし、その利便性追求、高機能化とひきかえに企業の情報資産がいともたやすく盗み取られる事件が頻発しています。

 2015年に発覚した日本年金機構の情報漏洩は、125万件もの年金加入者の個人データが盗み出されました。

 当コラムでもこの問題をご紹介しています。

[064]日本年金機構による個人情報流出の問題点
(「できる!」ビジネスマンの雑学 2015年06月03日掲出)

 このたびこの事件の全容を詳細に解き明かした記事が、日経BP社のサイトで発表されました。

<まるわかり標的型攻撃>
事例2 日本年金機構のインシデント Part2 目的遂行型の攻撃
 日本年金機構は2015年5月、年金加入者の個人情報約125万件を漏洩させた。LAN内のパソコンをウイルスに感染させて、目的のデータを持ち出すという典型的な攻撃だった。
 ウイルス感染がきっかけとはいえ、どうして厳重に管理されていると思われる個人情報が漏洩したのか、攻撃の流れを見ながら理由を解説していく。また攻撃が発覚した後に情報が持ち出されているため、その動きも時系列で追っていこう。
IT Pro Success 齊藤貴之=日経NETWORK 2017年1月26日掲出 )

 事件の詳細は本記事に譲るとして、不正アクセスの手口と日本年金機構の対応を時系列に沿って追っていく事で、さまざまな問題点が浮き彫りとなっています。

 日本年金機構理事長は謝罪会見で「不審なメールは開けないよう指導していたのだが・・・」と話していましたが、実は情報漏洩につながったのは不審なメールを開いたことではなく、その後の対応のまずさでした。

2017030601.jpg

 そのことを証左するいくつかの問題点がシステム運用にありました。

・ウイルス感染、不正アクセスの痕跡を発見したあとも、外部との接続を遮断しなかった事。

・オープンな共有サーバー上に、パスワードをかけずに年金加入者の個人データを置き続けた事。

 こうした緩慢な対策が大規模な漏洩へとつながったと、記事では解説しています。そして、この事件から教訓が導き出されています。

●不正アクセスが最初に発覚したときの初動が、その後の被害拡大を左右する。

●攻撃事例の早期開示が他企業への被害拡大を防ぐ。

 この記事は連載となっており、記憶に新しい事件を数多く取り上げて、その原因と対策、今後の課題などを提案しています。

 いずれの企業にとっても情報システムの漏洩対策は、緊急の課題となっています。これからのシステム構築には大変に参考となる記事といえるでしょう。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「まるわかり標的型攻撃 最新インシデント徹底解剖」
(IT Pro Success 齊藤貴之=日経NETWORK)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 ここ数日、筆者の知人に「マイクロソフトセキュリティチーム」を名乗ったメールが何通も届いています。心配した知人からそのメールが転送されてきました。

 メールには「いまあなたが使っている Office ソフトが不正使用されている」と書かれていました。

2017030301.jpg

 文面はこうです。
---------------------------------------------
送信者(From): マイクロソフトセキュリティチーム
メールアドレス:[:xx-matsuda@transperfect.xx.xx]
受信日時(Sent): Thursday, March 2, 2017 xx:xx AM
題名(Subject): 警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。
本文:
セキュリティに関する警告!!

あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。
マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。
検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。

<hxxp://safemic.xx/> 今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。 また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。
---------------------------------------------

 知人は筆者のすすめで、[Windows 7 xxxx] と [Microsoft Office 2010 xxxx]を電器量販店で正規購入し、認証も済んでいます。
 その後、パソコンの買い換えのためマイクロソフト社のサポートセンターに電話をして再認証を行った事があり、その作業も正常に終了しています。

 こうした経緯を知っている筆者は、知人以外でプロダクトキーが使われるはずがないと確信できました。

 つまり、このメールは偽メールだと、直感しました。

 Google検索に「マイクロソフトセキュリティチーム」と打ち込むと、すぐに以下の関連語が出てきました。

2017030302.jpg

 「マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。」

 いかがでしょう。送られてきたメールの一文と同じではありませんか。

 検索結果のトップにマイクロソフト社の質問サイトがあります。

 [マイクロソフト社の回答]
 「こちらは弊社から送信しているメールではございません。該当のメールは開かず、削除いただくようお願いいたします。」
 
 マイクロソフト社のTwitterにも警告があります。(2017年2月27日掲出)
「マイクロソフトを装った不審なメールが届いているというお問い合わせが再び増加しています。該当のメールが届いた場合は開かず削除頂くようお願いいたします。詳細をこちらでご案内しておりますのでご確認下さい→ http://msft.social/HyhxHX #MSHelpsJP」

 すでにおわかりのように、知人に届いたメールはマイクロソフト社を騙ったとんでもない偽メールでした。

 内容もおかしな話だらけです。

 まず、認証済みのパソコンでOfficeが正しく使われているかがわからないと書いています。それではマイクロソフト社のソフトビジネスは破綻したことになります。これはトップニュースになるほどの大問題でしょう。
 ましてやマイクロソフト社が正規ユーザーに対して「プロダクトキーの授権状態がまもなく終わります」と、使用権利を一方的に取り上げるはずがありません。

 また、オフィスソフトと言っても、Office 2003/2007/2010/2013/365、Personal/Professional/Premium、などのようにいくつものバージョンがあります。このメールでは利用者に対してどのバージョンか明記していません。
 通常、マイクロソフト社はOffice使用者が、どのバージョンのどの仕様を使っているかは完全に把握しています。もしそうでなかったら、ネット認証を使ったソフトビジネスは成り立ちません。

 では、製品名もプロダクトキーも使用者名も記載せずにマイクロソフト社を名乗ってメールを送ってくる理由は何でしょうか。

 これは、メールの受信者はおそらくOfficeを使っているだろうと、悪意を持った第三者があてずっぽうに送りつけているからに他なりません。

 マイクロソフト社がこのような不確かなメールをユーザーに送ることは、今までありませんでしたし、これからも決してありません。

 なお、誘導されたサイトにアクセスすると、こうなるそうです。

「クレジットカード情報等の個人情報入力を求められる画面が表示されます」(マイクロソフト社サイトより引用)

 結局、クレジットカード情報を抜き取るのが目的の「フィッシングメール」だったようです。

 こうした偽メールは開くだけでも危険です。「オフィスのプロダクトキーについて」というメールが届いても、絶対に開かずに削除する事をオススメします。(水)

(文中の xxx は、安全のために伏せ字にしています)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
マイクロソフトを装った不審メールの配信について
(マイクロソフト社)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google

今月の新刊

ミス・ムダがゼロになる「集中力」
ミス・ムダがゼロになる「集中力」
著者/須﨑 恭彦
定価/1500円+税

改訂増補 一人前社員の新ルール
改訂増補 一人前社員の新ルール
著者/黒川 勇二
定価/1300円+税

部長の仕事術
部長の仕事術
著者/川井 隆史
定価/1500円+税


誰とでも仲良くなれる敬語の使い方
誰とでも仲良くなれる敬語の使い方
著者/松岡 友子
定価/1400円+税